スマホ故障時に役立つ道具を知ろう

スマホを修理するのに必要な道具とは

おすすめリンク

市松人形修理で出来ること

どこまでの修理が可能なのか?市松人形修理業者で出来ることと出来ないことについてまとめたサイトです。

全スマホユーザー必見!スマホ修理の道具を知ろう!

ここまで、スマホを開封せずに簡単にできる液晶ディスプレイの補修方法について紹介してきましたが、やはりそうはいっても、開けてみないとどうしようもない、というケースは多いかと思います。なのでここからは、スマホを実際に開封していく作業で必要な道具を紹介していきたいと思います。

スマホを開けるには「吸盤式ツール」

スマホを使っていると、割と少なくない頻度で見舞われるのが故障の悩みであるかと思います。そこで質問です。みなさんは、スマホの故障は自分で直す派ですか?それとも、専門の業者さんやお店に頼む派ですか?当記事ではスマホを自分で修理したいという方、特に「どんな道具が必要かわからない」という方に向けて、スマホ修理に必要な道具を紹介していきたいと思います。

まず、修理といっても、スマホを開けて見てみないといけないケースと、そうでないケースがあるかと思います。最初に、スマホを開封しなくてもよい簡単な「画面補修」のケースを紹介し、その後に、実際にスマホを開けていく際に必要な道具について、紹介したいと思います。

スマホの故障で一番よくあるのは、液晶ディスプレイにひび割れが入ってしまったというパターンではないかと思います。その際には、レジン液を用いるタイプのひび割れ補修キットを使うと良いでしょう。これは、破損部分に時間がたつと固まるレジン液を流し入れて補修するもので、液晶ディスプレイを交換するよりもはるかに手軽にできる修理方法です。

キットは数百円程度で購入できますが、クモの巣状に広がった亀裂などには対処できないため、あくまでも小さなひび割れの対処に限定されます。また、修理後は透明な補修跡が残ってしまうのも、この方法の難点のひとつです。とはいえ簡易で手軽な方法なので、よく起こりがちな液晶ディスプレイの破損の対処方法としては、まさに定石的な手段であるかと思われます。

スマホ修理に必要な工具類とは?

ここまでスマホを実際に開ける際の話を進めてきましたが、液晶ディスプレイを外したうえで内部を見ていく際に必要となるのが、ドライバーやピンセットといったツールです。工具類というとややこしいイメージがあるかもしれませんが、スマホ修理用にセットになっているものを使えば大丈夫です。

汎用性の高い「ハンダ」を活用しよう!

では、スマホを開けてみてなんとなく故障箇所や原因がわかった、という場合に、次に必要となる道具は何でしょうか。故障の種類や原因は様々であり、当然必要となる道具も異なるため一概には言えないのですが、ここでは比較的活用できる場合が多い、ハンダについて紹介したいと思います。